ハピオスインターナショナルスクールとは

「自分で考え、つたえ、つながる」
そのおもしろさや楽しさを感じることで、
子どもたち本来の力が伸びる環境

ハピオスでは、子どもたちは社会において未来ある宝であると考えています。そして、子どもたちの中にあるすばらしいかがやき という種は、子どもたちに関わる大人が根気よく愛情をもって水や太陽の光、大切な栄養をそそぐことで育っていきます。

先行きが不透明な現代では、単なる学力だけではなく生きていくための強さ…たとえば急激な変化にも対応できる柔軟性や、自分で考えた思いをしっかりと伝えていける発信力、そしてどんな時でも楽しめるたくましさをなど身につけることが必要だと考え ています。そこでハピオスでは、子どもたちに寄り添い、ひとりひとりの個性を大切にしながら、大切な時間を共有したいと思っています。

ハピオスがインターナショナルスクールである理由は、文化やことばの違いを受け入れられる柔軟な心を育むことが、日本だけで はなく世界にも通用する、オープンなマインドや自己表現力の養成につながると信じているから。そこで、世界で15億もの人が コミュニケーションツールとして使用している英語に、日常的に触れられる環境を用意。毎日の暮らしやあそびを通し、英語と自 然に触れる中で「気持ちを伝えてみたい」「もっと知りたい」「おもしろいことは何だろう?」という、子どもたち自身の中から湧き上がるさまざまな思いを一緒に楽しみ、それを表現するためのサポートをしていきたいと考えています。

ものごころがつく前から、異文化や他民族と当たり前に触れ合いながら日々を過ごすことにより、子どもたちはさまざまな「違い」 を自然と受け入れることができるようになります。こうした環境の中で、子どもたちの「気持ちを伝えたい」という芽が育ち、大き な木へと成長していく。そんな環境づくりを、ハピオスではめざしています。

①一人ひとりの個性を大切にしながら、自分の思いを伝える力、自分で考える力を育みます。

ハピオスが大切にしているのは、子どもたち一人ひとりが持つ個性を、思い切り発揮しながら毎日が過ごせる環境を作ることです。そこで、個々の成長や個性に合わせた丁寧な保育ができるよう、各クラスとも、少人数の園児をネイティブ講師+バイリンガル保育士の2名でケアする体制をとっています。その中で、子どもたちが自らの頭で考えたことや自身の気持ちを、周囲に対して自由に表現できるように寄り添っていきます。

②違いを受け入れる柔軟性と、自分を表現する力を育みます。

ハピオスでは、英語がとても身近で日常にあふれています。自分たちとは文化も民族も異なるネイティブ講師といっしょに、英語を使いながらさまざまな遊びに取り組む毎日。当たり前に英語が聞こえてきて、当たり前にそれを口にする環境で過ごすことにより、子どもたちは自然に言葉や人種の違いを受け入れるとともに、自身の気持ちを伝えるツールとして、英語を感覚的に身につけていきます。それと同時に、友達同士の個性を認め合い、受け入れる心も育っていきます。

③すこやかなからだづくりを通してすこやかな心を育みます。

毎日食べるものが、私たちのからだを作っています。だからこそ、成長段階にある子どもたちには、安心で安全な食を提供することが大切であると考えます。
心を込めて育てられた食物を、自然の恵みに感謝しながら、先生やともだちと一緒に食べることは、心とからだの成長にとても 重要です。そこでハピオスでは、オーガニックの食材、調味料にこだわり、自園で調理した給食を提供。添加物や農薬などをひかえることで、強いからだつくりをサポートします。
また、クッキング体験や農業体験など、食に関連するさまざまな体験をすることで、調理の楽しさや、作り手に対する感謝の気持ちなども伝えていきます。

ハピオスインターナショナルスクールのえいご

与えられて学ぶ(teaching)のではなく
日常の生活やあそびの中から
自然と身につく(learning)、表現する力。

  • 子どもたちの「伝えたい気持ち」を
    大切にしたいから、
    日本語での表現も受け止めます。

    ハピオスが何よりも大切にしたいのは、「自分の気持ちをちゃんと表現すること」です。だから、そのために子どもたちが使う言語は、日本語でも英語でもOK。日本語で自分の気持ちを伝えられたら、それを英語ではどう表現するのか、スタッフがサポートしていきます。これを繰り返すことで自然と、英語でも日本語でも、自分の気持ちを伝えられるようになっていきます。

  • ネイティブ講師と
    バイリンガル保育士のペアで
    クラスを担当します。

    ハピオスでは、ネイティブ講師と、バイリンガルの日本人保育士のペアで1クラスを担当します。バイリンガル保育士は全員保育免許を取得しているので、成長段階に合わせた生活面でのサポートや声掛けなど、専門的な知識にもとづいた保育を行います。また、ネイティブ講師は、生活に根差した「生きた英語」のシャワーをクラス内に注ぎます。このように、バイリンガル保育士とネイティブ講師で協力をしながら、子どもたちの成長に寄り添う保育を提供します。

  • 聞く、話す、読む、書く。
    あそびの中で英語にふれ、
    伝える力を育みます。

    子どもたちは「楽しい!」が大好き。だからハピオスでは、英語を聞いたり、話したり、読んだり、書いたりするアクティビティには、必ず子どもたちが「楽しさ」を感じられる要素を取り入れています。その内容は、ネイティブ講師とバイリンガル保育士が話し合いながら決めるのですが、異文化で育ってきているネイティブ講師のアイデアは、子どもたちにとってとても刺激的で楽しさがいっぱい! 日々のアクティビティを通して、子どもたちの「英語が楽しい!」「英語が好き!」という気持ちが育っていきます。

  • 何をするかを自分で考える。
    そんな、自分を大切にする
    気持ちを育てていきます。

    ハピオスでは、子どもたちが「自分は何をしたいのか」という自分の好奇心と向き合えるように、Discovery stationというアクティビティを設けています。今、自分がやってみたいあそびや、知りたいあそびなどの選択ができることで、自主性が育まれます。自分のなかで新しい発見を体験、体感できるあそびを取り入れて、「楽しい!」の発見をしてもらいたいと思っています。

ハピオスインターナショナルスクールの保育

少人数クラスだから、
一人ひとりの個性や成長と
丁寧に向き合えます。

  • 10人前後の少人数クラスで
    一人ひとりと
    丁寧に向き合います

    毎日の子どもの成長はすばらしいパワーを秘めています。この成長は、子どもたち一人ひとりでスピードが違う上、たとえば性格によって適した声のかけ方なども実にさまざまです。それぞれの性質や成長度合いにふさわしい接し方を行うため、スタッフが一人ひとりと丁寧に向き合えるよう、10人前後の少人数クラス制を取っています。1クラスにつきバイリンガル保育士とネイティブ講師の2人体制で、子どもたちの成長をこまやかに見守っていきます。

  • 日本で生活するうえで大切な
    しつけや生活習慣などを
    しっかりと丁寧に身につけます。

    文化の違いや、多様性に柔軟に対応していける環境づくりを提供しているハピオスですが、その一方では日本の文化や習慣なども大切にしています。たとえば給食では、日本の食文化をベースにお箸を使い、 主菜、副菜、汁椀、茶碗などの食器を揃えることで、日本の食事マナーなどを伝えていきます。

  • 天然木や畳の自然な感触、
    また動物をかたどった装飾で、
    子どもたちの五感をやさしく刺激します

    ハピオスでは、子どもたちは1日中裸足ですごします。教室の床には天然の木材を、そして廊下には和紙畳を使用しており、裸足ですごしていても、自然素材のやさしく安心な肌触りを感じることができます。 また、子どもたちの好奇心やわくわくする気持ちを大切にしたいから、教室は、たくさんの動物をかたどった装飾であふれています。

  • 少人数だからこそ、
    先生全員が家族のように、
    すべての子どもたちを見守ります。

    ハピオスは、約10人のクラス×5という小じんまりした規模のため、すべての先生が、自分が担任するクラス以外の生徒のことも認識・把握しています。そこに生まれるのは、園全体で子どもたち一人ひとりを 気にかけているという、まるで家族のような安心感。
    大規模園ではなかなか実現しにくいあたたかさも、ハピオスの特長のひとつです。

  • 音楽性や体力を育む
    プログラムにも
    力を入れています

    ハピオスが育むのは英語の力だけではありません。音楽を使ってリズム感や表現力を伸ばしたり、鉄棒やマット運動で身体の操り方を学ぶなど、さまざまな能力をバランスよく伸ばしていくことをめざしたプログラムを用意。子どもたちが本来持っている力を、うまく刺激しながら引き出し、そして高め、一人ひとりの可能性を広げていきます。

ハピオスインターナショナルスクールの食育

食べることは生きること。
安心、安全な食材を自園調理し、
温かい食事を提供します。

  • 子どもたちのこころとからだの成長を
    安心、安全な食材の自園調理で
    見守ります。

    ハピオスでは、オーガニックの食材を基本とする、安心できる安全な食材や調味料を使いながら、旬の食材も取り入れ、楽しめる給食の提供を心掛けています。自園調理にこだわった、温かいできたての食事をみんなと一緒に食べることで、食べることの楽しさや日本伝統の食事マナーなども自然と身につけることができます。

  • オーガニックの食材や
    調味料など、
    子どもたちが口にするものは
    安心、安全が基本です。

    ハピオスでは、調理担当者自らが米、肉、魚、だし、食材などの仕入れ先の方と直接お会いすることからはじめています。そこにあるのは、子どもたちに安心して食べてもらえる食材は、きちんと生産者の顔が見えるものを使いたい、という思い。その思いを仕入れ先の方々とお会いして直接伝え、賛同いただいた方々から仕入れを行なっています。調理者だけでなく、さまざまな方々の協力があってはじめて、おいしい給食をつくることができます。子どもたちにも、そんな思いを伝えていきたいと思っています。

  • 栽培や収穫、調理の
    楽しさやよろこびを感じられる
    体験に取り組んでいます。

    ハピオスでは、野菜を育てたり、田植えや稲刈りなどの体験を通して、食材づくりの楽しさや大切さを知る機会も提供しています。また、月齢にあったそれぞれのクラスで、クッキング体験も毎月実施。その月の 英語のトピックにも触れながら、パンケーキを作ったり、クッキーの型抜きをしたり、パフェを作ってみたり…。調理することの楽しさも、体験しながら学んでいます。

  • 「森修焼」の器や
    木のお箸など、自然素材の
    食器でいただきます。

    ハピオスは、食器やお箸に対しても、子どもたちに本物を伝えたい思いがあります。そこでキンダークラスからは、鉛やカドミウムなどの物質を使わない、安心で安全な陶器「森修(しんしゅう)焼」の器を使用。 子どもたちが使いやすく、持ちやすい大きさやフォルムの食器なので、しっかりと持つことができます。
    また、お箸も天然木からつくられたものを採用しています。

  • 正月にはお雑煮、
    節分にはいわしなど、
    季節に合わせた行事食を提供します。

    ハピオスはインターナショナルスクールですが、日本の文化を大切にしたいという思いから、日本の行事に合わせた給食を時期ごとに提供しています。たとえばお正月には雑煮やきんとん、節分にはいわしや大豆、雛祭りにはちらし寿司・・・といった具合。日本古来の行事や食文化を体験することで、伝統などに触れていきます。

ハピオス調理担当

松本 祥子

食べることは生きること

昔から日本人は季節を大切にし、旬に育つ食物や命を頂くことで食べることに丁寧に向き合ってきました。ハピオスでは、そんな日本人の大切な食の思いを基本に子どもたちに安全で安心できる食べものを伝えたいと考えて取り組んでいます。子どもは未来です。
その子どもたちの心とからだを育てるのは、安全で安心なものを食べることが基本で、また本当の味を伝えていくことであると思っています。
ハピオスでは、ご家庭とともに子どもたちに食べることの楽しさや大切さを一緒に伝えていけたらと考えています。
さまざまなインターナショナルならではのトピックにも食を組み込み、cookingやSpecial lunchなどで楽しんでもらっています。
それぞれの子どもたちの成長に合わせて、食べることを楽しみながら向き合えるようにサポーターとして見守っていけたらと思っています。

英語を通して、違いを受け入れ、
理解し合える国際人へ

ハピオスインターナショナル
代表 内田 洋介

初めまして、ハピオスインターナショナル 代表の内田です。

この度は数あるスクールの中からハピオスにご興味を持ってくださり誠にありがとうございます。
すでにこの資料をご覧頂いている時点で、お子さまの為に真剣に将来をご検討してらっしゃるお姿が目に浮かびます。
私も1児の父です、今これを読んでくださっている“あなた”と気持ちは同じだと思います。
親が子を想う気持ちは同じですもんね。

わたしが「ハピオスインターナショナル」を設立した理由

園を開設する以前、わたしは行政に携わる仕事していました。そこで目の当たりにした、わたし達日本人の圧倒的なコミュニケー ションスキルの至らなさ。グローバルな世の中で、多くの日本人が外国人とのコミュニケーションを苦手としている現実。
ほんの少しでも、彼らとのコミュニケーションへの苦手意識がなくなれば、きっとこの国はもっとよくなるはず。
漠然とそんな想いを抱えながら日常を過ごしていたわたしがある日、父になります。
愛する子供が誕生し、子育てに奮闘する日々。 自分の息子の将来をイメージした時、世界中どこに行っても上手にコミュニケー ションができる子どもたちがこの日本で少しでも多く育ってくれたらこれからの日本がもっと強くなる。
その想いは確固たるものになりました。

「英語を話せるようになること=国際教育」ではありません

今の日本では、ご存知のように英語を話せる親世代が殆どいません。
その理由からか、“英語を話せるようになること=国際教育“といった間違った概念が浸透しているように感じます。
ハピオスインターナショナルでは、「英語」の前にこの素晴らしい日本で生活しているのだから日本が世界に誇れる“気づかい”と“思いやり”をもった【和魂洋才】の精神をもった子供たちに育って欲しい。
その理念の基に日々先生方にも奮闘してもらっています。
その為にもハピオスでは、外国人の先生だけが英語を教えるのではなく、日本人スタッフただけが保育をするのではなく、 スタッフ全員がチーム一丸となり”保育を英語で出来る最高の環境”を提供出来るよう日々切磋琢磨しています。

【和魂洋才】の環境を提供する事が子供たちの未来を創造する

1. 日本人としての素地(気づかいや思いやり、躾など)をしっかりと身につける
2. その上で、”保育を英語で実践”することで身につく国際感覚
3. そして最後に、自分で考えることができる力を養う

この3つを基礎として、子供たちが楽しみながら学べる環境をご提供できるよう日々取り組んでいます。
ハピオスインターナショナルは、“ひとつの大切な命”を沢山お預かりしています。
その気持ち、期待に応える事ができるよう、保護者様ともお子さまの将来のために時間を共有しながら大切に育てて参ります。
まだまだ小さなスクールですが、当園の理念に共感くださいましたら是非一度見学へお越しくださいませ。
最後までお読みくださり誠にありがとうございました。